So-net無料ブログ作成

今日の海文堂 [読書]

本を買うためだけに元町に行った。 海文堂閉店の報道後、居ても立っても居られなくなったから。
相変わらず居心地がいい。この居心地の良さを失うのは耐えられない。神戸の大いなる損失だ。
心なしか、普段よりお客さんが多かった様に思うけど、その他に変わったところは無かった。
結局、閉店のアナウンスを聞いて帰ってきた。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海文堂 [読書]

http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201308/sp/0006222618.shtml

何とも寂しいニュースだ。 海文堂が閉店してしまう。
私の持ってる本の8割ぐらいはここに本屋さんで買わせてもらったものだ。
学生時代は地元に無い本や、船の専門書を立ち読みさせてもらうために、電車で1時間半
かけて通ったりもした。
就職してからは、ほぼ毎日通ってた。
本屋の良心の権化みたいな本屋さんだったのに。
本はどこででも買える。ネットでも買える。
でも、船の柄のブックカバーのかかった本でなくては、読む気にならない。
どんな状態でもいいから、お店を続けていただく訳にはいかないのだろうか。
小額出資者を募るとか、最悪、移転縮小してもしょうがない。
私は、買った本を読むと言う意味、それと海文堂で買った本という意味。
二つ揃わないと満たされない。だって、25年以上、そんな生活をしてきたから。
海文堂の長い歴史にくらべたら、なんとは無いことだし、どれだけ売り上げに貢献したのか
と言われれば恥ずかしいかぎりだけど、でも無くなってもらうと困るのだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読了 [読書]

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本





この手の本を自分で買って、読んで、しかも感動したっていうのは
ものすごく久しぶりだ。 青春デンデケデケデケ 以来だと思う。
恥ずかしながら、映画になってたことを昨日知った。
知った経緯は、この続編を買いに行って本屋で知った。
ちょっと悔しかった。 でも、多分映画は見に行かないと
思う。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

えてこでもわかる [読書]

えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経

えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経

  • 作者: 笑い飯 哲夫
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2009/01/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

発売日から、行きつけの本屋にいつ入るのかと首を長くして
待ってたけでも、なかなか入荷になかったので、ほかの本屋
で買っちゃった。 手にした瞬間から最後まで一気に読破した。
一人称で語られる般若心経。 そのままネタにしたら多分、
大河漫才「般若心経」になりそうな内容でした。
一度目は読んでる間中、見えない西田の突っ込み&かわれ!
が聞こえてきてしまった。 もう一度読み直してみようと思う。


タグ:笑い飯
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読了 [読書]

斜陽に立つ
古川薫 著

斜陽に立つ

斜陽に立つ

  • 作者: 古川 薫
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2008/05/29
  • メディア: 単行本

今年に2月まで、一年以上にわたって毎日新聞日曜版に
連載されていた小説だ。 今年の5月に単行本化されたことは
知っていたけれども、落ち着いて読みたかった。 やっと読了した。

乃木は愚将に非ず。 否定も肯定も出来ない。
ただ、私は歴史家でも作家でもない。 「過去に対する現代の優位」
があるから、この本を新聞連載時も単行本としても読むことが出来た。
再読しようと考えた理由は、結びの一文の
「自敬に徹したこの最後のサムライにとって、世上の毀誉褒貶は
無縁のざわめきでしかなかった。」
だった。 単行本を手にするまで、いろいろと自分なりに考えて見た。
乃木希典と児玉源太郎。 そして、ここでは語られていない東郷平八郎
のこと。 考えれば考えるほど、結びの一文に回帰してしまう無限ループに
陥った。 神格化され、いいようにその精神論が幾度と無くよみがえる
乃木希典、 昭和時代まで生きつづけ、艦隊派にもちあげられ、半ば
生き神様と化した東郷平八郎。 この後、類する人種が思い浮かばない
児玉源太郎。 でも、本人達にとっては、「世上の毀誉褒貶は無縁」
なのであろうと思う。 正に無限ループだ。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る