So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ
前の5件 | -

フェラーリチャリティ [ニュース]

 

フェラーリまでそんなことしてくれるのね。 有難いやら、恐れ多いやら。
できたら、フィアットグループあげて階層別にやってくれたら尚のこと
うれしいし、協力できたりするんだけども。 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

松本復興相 [ニュース]

これは、その被災地住民の代表たる首長に、被災民の心得を
閣僚としての権威をもって、必要かつ手短に諭したということですね。

そんなもん、二つ返事で聞けるか! 困ってる人間に普段と同じ対応や礼儀を
といてる時点で閣僚として間違えとる。 恫喝は人として間違えとる。 この御仁を選んだ
判断も間違えとる。 間違えだらけじゃ。 

さあ、だれがこの件、整合をつけるのだ?

 


タグ:松本復興相
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

責務 [ニュース]

 

言いたい事は山ほど有るけど、今は我慢しておく。まだその時期じゃないから。

小向さん [ニュース]

 この件って、もうドラッグがどうのこうのっていう問題じゃないと思う。 この件から比べると八百長問題も
かすんで見える。
個人的に気になるのは、
1.なんでタイミングよく国外に居たのか。
2.件の人は、国外ってそうも簡単に出られるのか。
3.2.なんでその国外がフィリピンなのか。
4.どうやって現状を逐一把握しているのか。
5.どうやってそうも的確に対策がとれるのか。

1.について、
これって身に危険が迫ってきてるのを察知しての行動だと思うけど、
どうやって、その身の危険を察知したのか。 身近な人間が大勢引っ張っていかれるから。
って言うんなら分かるけども、具体的な行動を果たして本人は自分で対策してすべて実行
した訳じゃ、よもや無いよな。

2.について、
この人って確か執行猶予中だと思うけど、執行猶予中の人ってそう簡単に国外に出て行けるのか?
だったら、出て行けないって言うのなら、監視体制の不備。 監視はしてたけどうまく逃れられたって
言うのなら、入出国管理体制の不備。 何れにしろ今、民間にも人や物の出入りを監視しろ、そして
記録しろって指導している行政、司法のミスってことになります。

3.について
フィリピンって結構簡単に滞在許可の延長ができたり、もうちょっ上手くやれば、永住権の取得、
帰化っていうのも日本ほど難しくはありません。 日本の司法権を行使しようにも、フィリピンとは
犯罪者の身柄引き渡しにかんする相互条約はありません。 秘密部隊を送り込んで強引に
身柄を拘束することは、相手国の主権侵害になります。 これは拉致問題の逆ってことでしょう。
だから、最大に見積もって、永住権獲得までは説得行為を続けるしかありません。 これまた、
個人的にそこまでの知恵が件の本人にあったのかと言うとこれも怪しい。

4.について
これも、衛生放送や、フィリピンで手に入る新聞なんかである程度の情報は手に入るだろうけども、
それに対するアクションがあまりにも迅速、しかも的確ってなると、これも個人の感と情報収集能力
からすると信じられない。

5.について
迅速、確実な対処って、どう考えても個人で申請書類作成して、関係各所への申請を行うっていうのは
個人の能力の限界を超えていると思う。 仮にその指示が出来たとしても、その原資ってどこから出てる
の? カード払いなんか効かないだろうな。 海外キャッシュカードにも限界があるぞ。 滞在費も
含めてどう処理してるのか?

以上の観点から考えたら、組織だった行動。 しかも、手馴れた組織の手引きって事になる。
フィリピンにはヤクザは入国できないから、表立ってはカタギの手引きって事になる。
ここで、行政と司法は、或いは立法府は何が出来るかって考えると、本人へのお願いと相手側政府へのお願いだけ
だろうけども、申し訳なくも自国の問題にも手を焼いている相手側政府がそこまで協力してくれるだろうか?
マニラ近辺から、もっと言ったらルソン島から消えたらそれまでだと思う。 本人は言わずもがな。
恐らく、この件、本人が帰国するには、資金切れぐらいしか考えられない。 帰国しないパターンは完全に
逃亡成功パターンか、なんらかの理由による計画失敗によって、その現実的にあれ、仮想的にあれ、その
存在が抹殺されてしまった時だろうと思われる。 
今回の件も、なんで逮捕状なのか。っていうところから、追っかけてた対象が別で副産物的に捜査線上に
浮かんできたからだと思われるけど、その重要視しない存在にここまでやられちゃったら、逮捕状取った方も
立つ瀬無いように思う。 これで躍起になるか否かは当事者の問題で、前述 3.の問題考えたらそれも
疑問。 よほど世論が沸いたら別だろうけども。

ともあれ、こんな方法がありますよ。 って世間一般が知っちゃった事の方が私的には大きな問題だと思う。
これで待ってるのは、海外渡航のある種の制限とか、渡航先の受け入れ制限でしかない様に思うし。
当事国以外の第三国でもこの件を受けてってことは十分考えられるから。 言って悪いが、犯罪者予備軍の
為に善良な人間が不利益被ることに違いは無い。 よって、この問題って結構、根が深いと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本車の未来はまだ明るい [ニュース]

 

効果の程はいざ知らず、バイクの世界にもこれぐらいのこと言ってくれるメーカーがあったら
例えどこの国のメーカーでも懐の尺にあえばいつでも乗り換えてあげるのに。
でも、日産。 20年程前と比べると雲泥の差だな。 凄いや。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | - ニュース ブログトップ
メッセージを送る