So-net無料ブログ作成

読了 [読書]

必死のパッチ
桂雀々 著

必死のパッチ

必死のパッチ

  • 作者: 桂 雀々
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本

敢えて言う。 この本は二番煎じでもなければ
二匹目のどじょうでも無い。
ホームレス中学生がある種の冒険譚、例えるなら
恐さ知らずの綱渡りだとすると、必死のパッチは
私小説だ。 恐さを知ってのダイビングだと思う。
ただ、書かれている事は小説ではない。
前から、テレビやラジオで本人の口から何度も
語られてる事実だ。
著者の人柄にもよるけども、語られてるだけなら
笑い話として受け止められたけども、活字になる
とより壮絶度が増す。 行間から悲壮感が見て
とれたりする。 文章を読んで筆者の人となり
を知りたくなった事はたびたびある。 その人の
一部を知ってて、書かれた文書を読んで意外性
や人となりを感じた事もある。 文章を読んで、
しかも知ってる事実を読んで、より深くその
人となりに触れたような感覚に陥ったのは
初めてだ。 出きることなら、桂雀々と言う人も
その人の芸も知らない時にこの本を読みたかった。
書かれてる内容とその人を始めて見た時の
ギャップに恐れおののいた事だろうと思う。
思えば、中学生の頃 関西で絶大な人気を誇った
ラジオ、ヤンタンの水曜日 笑福亭笑光さんこと
今の嘉門達夫さんの代わりにレギュラーになられた
時に桂雀々さんの事を知った。 丁度私は、この本に
かかれてるご本人の年齢と同じ頃の話だ。 
ビバルディの四季をBGMに雀々のひろば。 とか
やってはった。 それから、いろんなテレビやラジオ
果ては、生の落語でこれまで桂雀々さんに接してきた。
これから、桂雀々さんの生の落語を聴くたびに、多分
今まで以上に笑ろてしまうんだろうな。 そのギャップに、
これぞ、緊張と緩和かもしれない。

タグ:桂雀々
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

junmaru

雀々さんはテレビの印象しかないので、読んでみたいですー^^
「必死のパッチ」って関西でしか通じないのかなあ。
by junmaru (2008-11-19 14:39) 

namako

>junmaruさん
必死のパッチは、関西以外では通じないようです。
学生時代に博多のヤツが必死マメタンって言うてる
のは聞いたことがありますが。
本は、悲愴なことがおもろく書いてます。 読んでて
おもろかったです。

by namako (2008-11-20 12:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0